トヨタアクア評判

トヨタアクア口コミ

アクア,評判,口コミ

さて今年も一般社団法人の日本自動車販売協会連合より最も車が売れるという2月度の新車乗用車販売台数(国内登録車・外国ブランド除く)ランキングが発表されました。1位2位がさすがのトヨタ車。

 

1位のアクア が22,788台
2位のプリウスが13,122台

 

と、値段うんぬんは別とし世界のトヨタの中でも圧倒的なおよそ2倍の差を付けて最も売れているのがアクアであると決定付けられました。売れているという結果はお墨付き。しかし、ポイントは購入者がそのあと満足されているか?という評判や口コミが一番大事なところですし、アクアを検討されている方々が一番知りたいところであると思われます。

 

【高評判な点】
売れている理由として評判では、トヨタブランドであるとか、価格のお手頃感、コンパクトさ、外観だけではない。登場からもう2年かと思わせるアクアだが、その2年間で改良も進んでおり、例えば乗り心地のしなやかさをもとに静かにもなり、上品さが増しているという評判も多い。土台となるボディにしっかりと落ち着き感が増しており、例えばヴィッツなどと比較すると骨太な印象は顕著である。

 

走行においては、市街地における走りは30%〜40%はモーターだけ(エンジン始動なし)でいけてしまう素晴らしさ。燃費においても20km〜25km/gは楽勝であり、真夏や、真冬においての冷暖房ガンガンでも16〜18km/gは維持でき、もともと室内空間の差はあれど、プリウスと比較すると冷暖房の効きの快適さは素晴らしい。良い事ずくめのアクアの売上1位は、所有者の評判や口コミの力も大きいのではないでしょうか。

 

余談にはなりますし、これは人それぞれの嗜好にもよるのですが、フロントマスクや斜めからのフォルムが同じコンパクトカーにおいてもフィットやノートやヴィッツ等と比較し、非常に上品で美しいと感じます。ただ、これは人の好みなので言いきれませんね。私的にもう一歩踏み込んでもらいたい点は、転がり抵抗の低さを優先しすぎたタイヤのグリップ感であるが、その他の評判は上々であると思われます。

 

【低評判な点】
ただし、評判や口コミでもよく耳にする悪評も記しておきたい。ブレーキ感覚の件である。最初の踏み始めはゆるく、少し深く踏むとなにやら突然ガツンとくる感覚であり、慣れないと非常に停車がぎこちなくなります。慣れても未だに違和感が・・・。評判や口コミで多く出ている割にはトヨタがここの改良を行わないのは不思議でしょうがないです。

 

【総評(評判や口コミ含む)】
簡単に記しましたが、コンパクトカーの中では評判や口コミや実力全てにおいて、アクアは今のところこのクラスにおいて王者です。ライバルと言えばホンダのフィットハイブリッドがあげられるが、昨年フィットとヴェゼルにあれだけの回数のリコールが起きたことも、口コミ等で安心面からフィット検討者がアクアに転じた感も否めはしません。やはり、トラブルや口コミ等は怖いですね。

 

【スペック】
全長3999mm×全幅1695mm×全高1445mm/ホイルスペース2550mm/車両重量1050〜1080kg/総排気量1496cc エンジン形式 直4DOHC.74PS/4800pm/駆動形式FF/価格帯174.9万円〜200.6万円

 

アクア 値引き まとめ